目的に応じて使い分ける

歯医者は虫歯を治療するところ、この考え方は古いですよ。最近では、美しさのために歯医者を利用する、という考え方も浸透してきています。いわゆる審美歯科や歯列矯正の専門クリニックなどの歯科医院は、歯並びや歯の美しさを実現するために、あらゆる方法を提供してくれる歯科クリニックです。歯並びに関して言えば、近年注目されているインプラントの技術、歯列矯正の技術が提供されており、この他にも歯が美しく「白さ」を保つために、ホワイトニングをしてくれるクリニックも誕生しています。特にインプラントと歯列矯正については、専門技術を要するため、需要が高く供給が少ないという関係があり、少しずつこれらを専門にする審美歯科が増えてきているのが現状です。

このように、単に歯や口内の健康を保つためだけではなく、歯並びや歯の美しさを保ちたいといったように、利用者によって目的は異なるわけですが、全てを1つの歯科医院で済ますのは、正直に申し上げますと勿体ないです。歯の美しさならば審美歯科を、虫歯の治療ならば信頼できる歯科医院を、といったように、目的に応じて歯科医院を使い分けていくことをおすすめします。目的を明確にして、効率良く自分に合う歯科を探してみてください。

予算も踏まえた治療プランの有無

一概に「良い歯医者さん」と言っても、どのポイントで判断を下せば良いのか、難しいところではありますが、それとは反対に悪い歯医者さんはハッキリと分かるものです。悪い歯医者さんの代表的な例としては、治療の押し付けと対応の悪さが挙げられるでしょう。これまでは虫歯を治療するだけでも歯医者としての役割を果たしており、歯科医師に言われるがまま治療を進めるしかありませんでしたが、近年では先に論じたように歯科医院の数自体も増えてきているため、このような治療を押しつけるような営業ならば、他のクリニックの利用を考えることも可能ですので、何も説明もせずに治療をする歯科医は避けることをおすすめします。

歯や歯周病の治療は一通りしか無い、というわけでもありません。治療方法にメジャーやマイナーという差はあるものの、方法の数自体は多数あり、クリニックによっては予算を踏まえた上で治療プランを練ってくれるところもありますので、こういった誠実なクリニックを選んでいくと良いでしょう。虫歯の治療ならば、麻酔をするかしないか、クラウンは何にするのか、歯を抜いてしまうのかどうかなどなど、多数の選択肢を説明して、適切なプランニングをしてくれるクリニックは、良いクリニックの仲間入りすることに間違いありません。

予防歯科の有無は重要

予防歯科とは、歯周病になる前に予防して、口腔内の健康を維持、促進しようという考え方です。予防歯科は歯科医や歯科衛生士による指導であるプロケアと、指導に従って日々の歯磨きを行っていくセルフケアによって成り立っており、歯科医院にてしっかりとプロケアを行ってくれるようなクリニックを選んだ方がお口の健康には良いと言えます。日本ではまだ予防歯科の考え方が浸透しきってはおらず、そんなもの必要無いと考える患者さんも少なくありませんが、海外の先進国では既に一般化されており、お口の健康も重要視されています。

歯は一度失ってしまえば取り返しがつきません。いえ、クラウンやインプラントなどでも良いという方は別に気にされることも無いかもしれませんが、自分の歯が一生使える、これに越したことはありません。歯周病によってお口の中の健康が損なわれてしまえば、食べることへも影響を及ぼすことにつながり、食が乱れれば健康も害することへとつながるため、口内を綺麗に保つことは、身体の健康を保つための第一歩と言えるのです。歯周病にかからないためにも、予防歯科の有無についてもポイントに含め、利用する歯科医院選びを進めていくと良いでしょう。

コンビニよりも多い歯科医院

普段からコンビニをよく利用する人も多いことでしょう。食べ物から飲み物、雑貨に雑誌、銀行の役割も担っているなど、さまざまな利用方法があるコンビニはやはり便利で、毎日どこかしら、コンビニを利用するという人も少なくないはずです。ところでこのような話をご存知でしょうか。すなわち、「コンビニよりも歯科医院の方が多い」というウンチクです。耳にしたことはあるけど、本当にコンビニよりも歯科医院の方が多いとは、にわかには信じがたいものでしょう。それでは本当にコンビニよりも歯科医院の方が多いのでしょうか。厚生労働省が発表している医療施設動態調査によれば、平成26年の段階で、歯科医院はなんと68836件あるとされています。これに対してコンビニの数はというと、同年9月でのコンビニエンスストア統計調査月報にて51363件であるとされており、どうやらコンビニよりも歯科医院の方が多いというウンチクは事実だったようです。

ここで問題になるのは、その件数の違いではなく、歯科医院があまりに多すぎるために、選びにくくなっているという点です。コンビニならばお店の種類は5種類か6種類程度ですが、歯科となれば話は別で、クリニックによってそれぞれ特徴が異なるのだから、利用者側としてみれば選択肢の幅があまりに広すぎて、逆に選べなくなってしまう、あるいは選びにくくなってしまうものです。当サイトではそんな悩める皆さんのため、何を基準に歯科医院を選ぶべきなのか、ポイントをご紹介していきます。